立川談四楼の新刊にして初の時代物「長屋の富」

今日は帰りがけに珍しく新宿南口の紀伊国屋へ立ち寄り。週末休みの日には新宿、週日は丸の内・丸善というパターンなんだがタマには気分を変えて、と言うか紀伊国屋ポイントも溜めなきゃな。でも今日支払い時に見たら既にこの一年間で2500ポイントも溜めていた、ということは25万円も紀伊国屋で使っていることになる。1%というのも馬鹿にはならんぞ。

さて今日のお目当ては立川談四楼の新刊にして初の時代物「長屋の富」だ。落語も出来る小説家なのか、小説も書く落語家なのか微妙な著者ではあるが、「シャレのち曇り」以来のファンだからこの新刊は嬉しい。特に最近は落語風のエッセイ、しかもちょっとばかりお手軽な感の強いものばかり出ていたので、小説はどうした!と叫びたかったところだったが、人知れずこんな時代小説を書いていたとは。

そのほかの拾い物は田中圭一の「みなりの青春」。先日「メカ硬派」がでたばかりなのにまた新刊!どうしてこうして田中圭一も同じ時期に二冊も出版するんだろう?もう少しばらけて出してくれれば嬉しいのだが。でも表紙の「都条例がなんぼのもんじゃい!!」と帯の「お下劣学園コメディ」には笑わせてくれるな。

そしてどうして今まで気がつかなかったのか、と自らの不覚を深く反省する高橋秀実「おすもうさん」だ。これは奥付けを見ると9月1日なので既に二ヶ月も前から売っているし、紀伊国屋の文藝作品コーナーに何気なく平積みしてあったから此れまで見逃していたのがまか不思議と言える。

 立川談四楼 「長屋の富」 (筑摩書房、2010/11)
 斎藤美奈子 「月夜にランタン」 (筑摩書房、2010/11)
 高橋秀実 「おすもうさん」 (草思社、2010/09)
 田中圭一 「みなりの青春」 (星雲社、2010/11)
 永井洋一 「日本のサッカーはなぜシュートが決まらないのか !?」
        (合同出版、2010/11)
 後藤健生 「サッカー「真」常識」(学研パブリッシング、2010/11)



長屋の富
筑摩書房
立川 談四楼

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 長屋の富 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月夜にランタン
筑摩書房
斎藤 美奈子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月夜にランタン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おすもうさん
草思社
高橋秀実 (たかはし・ひでみね)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おすもうさん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



みなりの青春 (ドパミンコミックス)
発売元:星雲社/発行元:株式会社デジタル・コンテンツ・パブリッシング
田中圭一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みなりの青春 (ドパミンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






サッカー「真」常識 (学研スポーツブックス)
学習研究社
後藤 健生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカー「真」常識 (学研スポーツブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック