旗本退屈男の購書録

アクセスカウンタ

zoom RSS 山松ゆうきち、今度はインドでうどん屋?

<<   作成日時 : 2011/06/03 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、紀伊国屋からメールが来て「誕生月はポイントが倍!」との嬉しいお知らせ。こうなりゃ今月は浮気をせずに全て紀伊国屋で買うぞ、と言う事で何時もならば帰宅途上で丸の内OAZOへ行くところを方向転換して新宿へ。

とは言え、日中に各出版社の新刊案内を見たのだが特に目に付く買いたい新刊が出ていないのは何故だ?いつもであれば最低でも5-6冊は「今月のお買い物リスト」として作成できるはずなのに、本当に何も無い。折角ポイント倍付けなのに、なんてことだ・・・嫌がらせとしか思えない。

でも何かを探しに紀伊国屋南口店へ。そしたらば有りました。あの山松ゆうきちの新刊「またまたインドへ馬鹿がやって来た」だ。どうしょうもないギャンブル漫画を描かせたら当代一であった山松がどこかへ潜伏したのはかれこれ2004年の事で、なんといきなり漫画を出版するんだとツテも何もないインドに単身乗り込んでいったのだから驚きだ。その時の顛末記が「インドに馬鹿がやって来た」(2008年)なのだが、その後また新作も出ないのでどうしているのかと思ったらなんとまたインドに渡り今度は有ろうことか「うどん屋」を開業しようというんだからビックリ。本当に漫画以上に面白いことをしてくれる山松ゆうきちにバンバンザイだ。

しかしながらこの漫画の帯の文句「無謀と混沌の笑いに満ちた”海外起業”コミック第二弾」だが、幾らナンデモ”海外起業”はないだろう。起業とか儲けとかを超越したところに山松の存在意義があるのだから。

 山松ゆうきち 「またまたインドに馬鹿がやって来た」(日本文芸社、2011/05)
 恩田 陸 「隅の風景」(新潮社、2011/05)
 高殿 円 「トッカンvs勤労商工会」(早川書房、2011/05)
 平山夢明 「どうかと思うが、面白い」(扶桑社、2011/06)
 羽生善治・谷川浩司他 「名人戦道場 即詰み編」(毎コミ、2011/05)



またまたインドへ馬鹿がやって来た
日本文芸社
山松 ゆうきち

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by またまたインドへ馬鹿がやって来た の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



トッカンvs勤労商工会
早川書房
高殿 円

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トッカンvs勤労商工会 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



どうかと思うが、面白い
扶桑社
平山 夢明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by どうかと思うが、面白い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



隅の風景
新潮社
恩田 陸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 隅の風景 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



名人戦道場 即詰み編
毎日コミュニケーションズ
羽生 善治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名人戦道場 即詰み編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山松ゆうきち、今度はインドでうどん屋? 旗本退屈男の購書録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる